とっておきの1枚

地域を選択

2009年1月15日

2009年1月15日

新春お薦め読書(その②)

「傍聞き(かたえぎき)」
昨年は、東野圭吾さんの「流星の絆」など、なかなかの秀作と出会いましたが、昨年末に読んだこの本は、珠玉の短編推理小説が集められたおすすめの一冊です。保護司、消防士、刑事、救急救命士などの活躍を描きながら、心の機微にふれるドンデン返し、カラクリが織り込まれています。あっと言う間に読めますが、恋愛初期の若い男性や、思春期の娘さんを持つお母さんには特におすすめです。

地域を選択