とっておきの1枚

地域を選択

2008年7月27日

2008年7月27日

ニッシ-の夏のおすすめ読書 その②

さすが「本屋大賞」受賞作である。この伊坂孝太郎氏の作品はこれまでも何冊か読んだことがあるが、時間を遡ったり、いくつかの場面が同時進行したり、独特の作風である(少し前の大統領暗殺映画「バンテージ・ポイント」も似ている)。そして今回のこの「ゴールデンスランバー」も同じスタイルだが、ストーリーは一気読みの面白さ。首相暗殺の容疑者となった若者は、果たして本当に犯人なのか?国家権力もからんでいるのか?状況証拠は固められる(作られる?)中、様々な想像を掻き立てられる。この夏お勧めのエンタテインメントです。

地域を選択