とっておきの1枚

地域を選択

2007年8月9日

2007年8月9日

ニッシーの夏休みのおすすめ読書(その④)

「国連の政治力学」(北岡伸一著・中公新書)

国連の次席大使を努められた北岡伸一・東大教授による国連の役割や国連内についての折衝過程についての新書である。国連の雰囲気を味わいたい方には、前半をお読み頂ければと思います。(気軽に読めます。)後半は、国連の活動のハイライトである「安全保障理事会」(安保理)における各国間の国益の激しいぶつかりあいや、日本が何故安保理の「常任理事国」入りを目指すのか、そしてそれが、昨年何故に成功しなかったのか、等々、国連のダイナミズムと限界がよくわかります。日本の将来や安全保障に興味のある人には必読書です。

地域を選択