活動報告

カテゴリを選択
2010.04.22

「天下り天国復活」を問い質す。

1、朝8時から、党本部でマニフェストの打ち合わせ。連日議論を重ねており、骨子の輪 
郭が見えてきた。石破政調会長、小池広報本部長との詰めが続く。

2、その後は、午後の国家公務員法改正(いや改悪)についての質問のための打ち合わせが続く。
昼は、来日中のガニエフ・ウズベキスタン副首相ご一行と意見交換しながら。

3、午後13:40すぎ、内閣委員会と総務委員会の合同審査において、質問に立つ(写真①、②)。仙石大臣(写真③)、原口大臣(写真④)、野田副大臣(写真⑤)から答弁を引き出すが、元官僚が団体への転職を繰り返す、いわゆる「渡り」について、民主党は、全くチェックしない姿勢を示した(質疑の様子はこちら)。法律で禁止されている、現役官僚の就職あっせんの関与についても詳しい調査すら拒否し、逃げ答弁を繰り返したのである。天下り・渡り天国復活である。この仙石大臣の答弁を巡って一時紛糾した(写真⑥、⑦)。金曜日の強硬採決も噂されているが、徹底的な審議が必要だ。

4、15時、党首討論。谷垣総裁が鳩山総理に思いをぶつけてくれた。何と鳩山総理は自ら「愚かな総理かもしれない」と弱音を吐いた。普天間基地移設を巡っても、何ら具体的案を示さず、「努力する」「思いを持っている」など抽象的なことを繰り返すばかりだ。もはや政権の体をなしていない。先日発表された高速道路料金の“値上げ”についても、我々野党からのみならず、与党内からも反発が出て、見直しの方向になるとの報道がされている。マニフェスト違反はなはだしいし、政府・与党で十分な詰めも行わずに発表しているのである。まさに“政権崩壊”だ。徹底的に議論したい。

写真①
写真②
写真③
写真④

写真⑤
写真⑥
写真⑦
カテゴリを選択