活動報告

カテゴリを選択
2007.09.26

各国編:ナミビア(Ⅲ)(アフリカ出張(その⑩)8月21日~22日)

1.8月22日正午前、いよいよ、スコーピオン亜鉛鉱山の視察である。この鉱山・精錬所は世界的メジャー・アングロアメリカン社の系列で、年間15万tもの生産、世界有数の規模を誇る。この生産活動がナミビアのGDPの4%を占め、ナミビア国内で消費される総電力量の22~25%を消費しているというから、たいした規模である。もともとナミビアはウランの生産が有名であるが、“亜鉛ベルト”(亜鉛の鉱脈)も存在すると想定され、自動車などに使う亜鉛メッキ需要などが急増している中で、亜鉛鉱山への投資が目白押しである。このスコーピオン鉱山も、周辺も含めてまだまだ埋蔵量が期待でき、拡大していく計画である。

2.この意味で、南部沖合の天然ガス田開発もあり、ナミビアは日本にとって大事な国である。しっかりと関係構築していきたいと思うし、この世界的メジャーの一つ、アングロアメリカン社 と日本企業の結びつきが強化されることを期待するものである。同行して頂いたJOGMEC(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)の方々には、しっかりフォローしてもらい、その活動をサポートしたいと思う。

砂漠の真ん中のリューデリッツ空港を飛び立ちます。
上空から見たスコーピオン鉱山。
スコーピオン鉱山の精錬所。
ちょうどダイナマイトで掘る瞬間に立ち合いました。

鉱山を見学。
オフィスのトイレにはコンドームが。ナミビアはHIV罹患率が20%を超えています。
精錬所でランチです。
周りに何もない空港。

帰りは助手席に座りました。
首都ウイントフックに向かう途中は、アメリカ西部のような光景が続きます。
ウイントフックの街が見えてきました。
独立の記念塔でしょうか。
カテゴリを選択