活動報告

カテゴリを選択
2007.07.30

「参院選熱戦のあと(その①)」

 今回の参議院選挙、自民党にとって大変厳しい結果でした。社会保険庁の年金記録の管理のズサンさ、政治とカネの問題等々大変なご批判を頂きました。私自身、広報担当幹事長補佐として、安倍総理の新聞広告や、テレビCM、政策パンフの作成に、連日深夜まで携わりましたが、改革の姿勢を十分に伝え切れなかったことを大いに反省しています。私にとっては大変いい経験となりましたが、これを糧として、初心に戻り頑張りたいと思います。
 安倍総理におかれても、この結果を真摯に受け止められ、原点に戻られることと思います。あの拉致問題の対応で見せてくれた意思の強さで改革を貫き、是非頑張って頂きたいと思います。
 尚、公職選挙法に基づき、選挙に対するお礼は禁止されており、このホームページ上でも、皆様にお礼を申し述べる事ができません。ご理解賜れば幸いです。

中川秀直幹事長と連日連夜の打合わせです。党の政策、主張をいかにわかって頂くか、毎日深夜までの打ちあわせでした。
塩崎恭久官房長官とは深夜に打合わせ。会えない時でも、毎日必ず電話で打合せをしました。
明石市大久保のマイカル前で台風前日のどしゃぶりの中、鴻池祥肇候補を応援する街頭演説。(7月19日)
洲本のジャスコ前でも、鴻池さんの応援演説。(7月19日)

地元淡路・北淡町出身の丸一よしのり候補の出陣式で、厳しいゲキを飛ばす応援演説。(7月12日)
丸一候補とともに、淡船に乗り込み、神戸垂水港から淡路・岩屋演説へ。(7月12日)
滋賀・山下英利候補の集会で応援演説。右後は山下夫人。(7月20日)
共著「国家の生命線」もある盟友・小林温候補の応援で横浜市内で街頭演説。(7月22日)

義父・吹田愰の地元山口県田布施町で、盟友・林芳正候補の応援に。右は、吹田愰の後継者で元秘書の福田良彦代議士、「西村チルドレン」の一人です。(7月24日)
この日は埼玉県の古川俊治候補の応援演説。古川さんは医者で弁護士、同い年の   すごい人です。たまたま、お姉さんが私の妻信子と友人同志。人柄も含めて、是非一緒に仕事したい一人です。(7月24日)
県庁の商工課長として2年間過ごした石川県で、矢田富郎候補の応援演説。
参院の若手改革派、盟友・野上浩太郎候補の必死の戦いに心をこめて応援演説。
カテゴリを選択