活動報告

カテゴリを選択
2020.05.08

緊急事態宣言を5/31まで延長、GW期間中の外出自粛に感謝

1.4月7日に緊急事態宣言を発出して、当初予定していた1か月が経ちました。この間、国民のみなさんの努力によって新規感染者数を減少傾向に転じることができました。一時は、一日に約700人まで増加した新規感染者数は、直近では約100人となっています。爆発的な感染拡大を免がれ、収束に向けた軌道にのっています。

2.このゴールデンウィークも本来、家族や友人と大いに楽しめる時期だったにもかかわらず、帰省も控えていただき、観光地への旅行も自粛をしていただきました。全国の主要観光地における昨年との比較では、概ね7~8割も人出が減りました。淡路島の人出も約9割減でした。「今年のゴールデンウィークはステイホーム(自宅で過ごす)」という政府からのお願いに、国民の皆様がしっかりと取り組んでいただいたと、この場を借りて感謝いたします。

3.しかしながら、これでもなお、感染者数の減少が十分だとは言えません。5月4日に、全都道府県を対象に「緊急事態宣言」を5月31日まで延長しました。兵庫県を含む13の「特定警戒都道府県」では、「極力8割程度の接触機会低減」を目指す等、引き続きこれまでと同様の取組が必要です。ご不便をおかけすることになりますが、是非ご協力をよろしくお願いします。それ以外の34都道府県では、感染状況等を踏まえながら、段階的に社会経済の活動レベルを上げていきます。

4.5月14日を目途に、専門家の皆さんに状況を分析・評価いただきます。1週間の新規感染者数がゼロの都道府県も出てきており、それらについては緊急事態宣言の解除も視野に入ります。近いうちに、緊急事態宣言の対象区域について、数値基準を明確に示す予定です。引き続き、担当大臣として、国民の「命」と「暮らし」の双方を守る、という決意の下全力で取り組んでまいります。

【テレビ出演のお知らせ】
5月8日(金)21:00~22:00頃インターネット生出演『櫻LIVE』
 テーマ:「緊急事態宣言、これまでの評価とこれからの方針」

5月10日(日)9:00~10:00頃生出演『日曜討論(NHK)』
 テーマ:「緊急事態宣言延長 命と暮らしをどう守るか」

新規報告者数の推移
全都道府県を対象に「緊急事態宣言」を5月31日までの延長する旨を国会に報告。衆・参議院運営委員会の質疑では丁寧に答弁しました。
(2020年5月4日)
「今年のゴールデンウィークはステイホーム(自宅で過ごす)」という政府からのお願いに、国民の皆様がしっかりと取り組んでいただいたと、この場を借りて感謝いたします。
5月14日を目途に、専門家の皆さんに状況を分析・評価いただきます。1週間の新規感染者数がゼロの都道府県も出てきており、それらについては緊急事態宣言の解除も視野に入ります。
カテゴリを選択