活動報告

カテゴリを選択
2010.05.16

石川県で女性経営者を応援。神戸大丸前で街頭演説。自衛隊に、裏千家に、大事な式典に参加。

1. 5月14日(金)、夕方、石破政調会長のマニフェスト(原案)発表に同席した後、飛行機で石川県へ。石川県の女性経営者が集まってつくった「レディース・ベンチャー・クラブ」の出版記念パーティに出席のためである。同クラブは、私が通産省から石川県商工課長に出向していた時に、私自身が後押ししてできた、という経緯もあり、是非出席したかったのである。会場には予想を上回る350人もの方々が出席してくれており、私も、懐かしい方々と話をさせて頂いた。今や29人となった“たくましい”女性経営者の方々の人気の現れでもある(写真①、②)。益々のご活躍・ご発展をご期待申し上げたい。

2. 15日(土)は、兵庫県サッカー協会副会長として、フットサルの日本代表対ロシア代表の試合を観戦(写真③)。ロシアは世界ベスト4の実力チームだけに、スピード、足技、パスワークともに差があり、5対1で完敗。今年はサッカーワールドカップが南アフリカで開かれるが、こちらも、日本チームの入る予選リーグは強豪ぞろいで、厳しい戦いが予想される。目標のベスト4に向かって是非とも頑張ってもらいたい。

3. そして、事務所で打合せの後、夕方からは、神戸元町大丸前で、谷垣総裁、末松参議院議員とともに、街頭演説(写真④、⑤、⑥)。景気回復、仕事をつくることを第一に、そして、そのためにも消費税の議論から逃げず、しかしそこに逃げこまず、行政改革への不断の努力を行うこと、などを申し上げた。成長率や法人税の引き下げの数字を甘めに言うのは簡単だが、現政権のように無責任なことは言いたくない。現実に、すべての政策を総動員してどの程度の成長が可能なのか、法人税を引き下げる場合の減収分はどの程度になるか、年金・医療・介護など社会保障を充実させるためにはいくら必要か、そして、こうした分を税収増以外で賄うためには、消費税率をいくらに設定すべきか、などなど、この2週間くらいのうちにしっかりと詰めて、6月上旬には具体的な数字を示したいと思う。

4. 15日(土)夜には、淡路市での新社屋完成パーティ、明石市内の地区自治会連合会総会、団体総会で挨拶(写真⑦、⑧、⑨)。

5. 16日(日)は、伊丹市にある陸上自衛隊第3師団創立49周年千僧駐屯地創設59周年の記念式典で挨拶(写真⑩)。私からは、日本の平和と安全、世界の平和構築への自衛隊の貢献に対して、感謝と敬意を申し上げた。また、昨年9月まで1年間、外務大臣政務官として、安全保障を担当し、自衛隊の国際活動をサポートしてきたこと、特にゴラン高原での停戦監視活動やソマリア沖での海賊対処活動などの現場を視察し激励・支援してきたことなどを引用し、自衛隊の活動が国際的に高い評価を受けていることを紹介した。しかも、海賊対処では、日本の船舶のみならず、国際協調のもと、世界の国々の船舶を守っていること、任務遂行のための武器使用を認めたことなどを申し上げ、さらに国際的な活動を行っていくための、大きな第一歩となったことを強調した。また、民主党政権への批判は避けつつも、普天間基地移設問題が迷走・混迷し、国民の関心が高まった今こそ、国会の場でも、安全保障の議論を正面から取り上げて議論すべきだ、と主張した。何故、米国海兵隊が沖縄にいるのか、仮にいなくなれば、例えば、日本の6000もの離島をどうやって守るのか、そのために自衛隊の装備をどう拡充しなければならないか、さらに、そのためにいくらの予算が必要になるのか、などなどしっかり議論すべきなのである。折しも、今月18日には憲法改正の手続を決めた国民投票法が施行される。憲法についても国会の場でしっかりと議論を深めて行きたい。

6. そして、最初の選挙の時から応援して下さった洲本市の山西晴夫さんのご葬儀に参列。そのお人柄を偲び多勢の方々が見送られた。心からご冥福をお祈りしたい。

夕方には、加古川市での裏千家淡交会近畿地区大会に出席(写真⑪)。お家元にはつい先日、上海万博でもお目にかかった。気さくで素晴らしいお家元だ。そして、今日もお家元をお囲みし、お茶をたしなむ多くの皆さん方と懇談させて頂いた(写真⑫)。あっと言う間の週末であった。



写真①
写真②
写真③
写真④

写真⑤
写真⑥
写真⑦
写真⑧

写真⑨
写真⑩
写真⑪
写真⑫
カテゴリを選択