活動報告

カテゴリを選択
2009.04.06

チャベス大統領訪日。

1.4月5日午後、成田空港にベネズエラのチャベス大統領をお迎えに行く。反米的な発言で物議を醸すことの多い大統領であるが、大変親日的で、この日も極めて上機嫌であった。

2.私がタラップを登り、機内にお迎えにあがると、その場でまず約5~6分話し込む。そして、二人でタラップを降りながら、桜が満開であることを話す(写真①、写真②、写真③、写真④)。そして、降り立ってからも、野球の話などで大変盛り上がる(写真⑤、写真⑥、写真⑦)。何度も何度もガッチリ握手(写真⑧)。ベネズエラは、オリノコ河流域の重質油(確認可採埋蔵量990億バーレル)も含めれば、世界最大の石油埋蔵量とも言われるが、油価の低迷で、経済運営が厳しい状況にある。WIN-WINの関係となるよう、関係強化を図りたい。

3.そして、チャベス大統領と同行してこられた旧知のラミレス・エネルギー大臣や、私と同い年のマドゥーロ外務大臣(写真⑨)とも話し込む。今回はロドリゲス財務大臣、レジェス大統領府大臣も同行する大デレゲーション(訪問団)だ。

4.この10年間ほど、誰一人として国会議員が訪問してなかったところ、私は、昨年2回ベネズエラを訪問している。石油供給源の多面化からも極めて重要な国で、中国、ロシアも関係強化を図っている。日本外交の腕の見せどころでもある。古巣の経済産業省の皆さんともしっかり連携しながら、WIN-WINの関係をつくりたい。

写真①
写真②
写真③
写真④

写真⑤
写真⑥
写真⑦
写真⑧

写真⑨ マドゥーロ外務大臣と
カテゴリを選択